人工関節置換術後のリハビリテーション

変形性関節症で著しく変形があり、痛みによって日常生活に障害がある患者様に、人工関節置換術を行っています。ここでは術後のリハビリをご紹介したいと思います。
膝関節と股関節のリハビリは約2週間入院しその後、転院または外来でのリハビリ続けることになります。

Q:なぜ、人工関節置換術を行うのか?

A:変形による痛みをとるため!!
 関節を全て人工の物に換えるため軟骨が擦り減って起こる痛みは改善します。!!
 また、O脚やX脚の改善が期待できます。















TKA(膝関節置換術)後のリハビリ

 ☆入院(手術前日)  リハビリ室で手術前の簡単な評価を実施す。

   

 ☆手術当日

   

 ☆術後1日目〜2日目  手術の翌日から、病室でのリハビリ開始。

   

 ☆3日目〜  リハビリ室にてリハビリ開始
                  ・筋力トレーニング
                ・関節可動域訓練
                ・荷重訓練
                ・歩行訓練
                ・物理療法

 ☆2週間  松葉杖・T字杖にて退院もしくは転院予定

 ☆退院後は、外来でリハビリを行っていきます。


 THA(股関節置換術)後のリハビリテーション

 ☆入院(手術前日)  リハビリ室で手術前の簡単な評価を実施。

   

 ☆手術当日

   

 ☆術後1日目〜4日目  手術の翌日から、病室でのリハビリ開始。

   

 ☆術後5日目以降
   このころから徐々に患側に体重をかける練習をします。

      
       リハビリ室にてリハビリ開始
                  ・筋力トレーニング
                ・関節可動域訓練
                ・荷重訓練
                ・歩行訓練
                ・物理療法

 ☆術後2週間  両松葉杖にて転院

◎THA後は、脱臼の可能性が高いため当院を退院した後、自宅近くの病院に転院するか当院の紹介する病院でリハビリを続けます。(約2週間)

◎自宅へ帰った後も当院の外来でリハビリを続けることができます。