施設紹介
リハビリテーションセンターリハビリテーションセンター

当院では専門的な知識を持つ理学療法士、言語聴覚士、作業療法士などが協力して患者様のリハビリを行っております。リハビリでは、身体機能の評価を行い患者様個々の問題点を見つけ出し、本人のニーズと問題点に合った治療プログラムを考え、理学療法や言語療法を実施します。他にもプール、バイオデックスなどの特殊な器具も設けてあります。加えて、電気・レーザー・超音波などの機器を用いた物理療法やテーピング、機能的足底板などで痛みの軽減をし、身体が動かしやすい状況を作ることも合わせて行っていきます。              >>リハビリテーションのページへ


MRI(磁気共鳴映像検査)

磁気を利用し、断層撮影を撮る機械で、レントゲンでは解らない部分を詳しく検査します。HITACHIの最新鋭MRIはオープン型で、従来のドーム型にくらべ開口部が大きいため、圧迫感が少なく、音も小さい患者様に優しい機械です。患者様とのコミュニケーションをとりながら、診療放射線技師の3名が担当いたします。
米国・SWIMEX社製 流水プール
バイオデックス
米国・SWIMEX社製 流水プール

水の抵抗・浮力・水圧を利用し、身体への負荷を調整した状態で筋力訓練・関節可動域訓練・バランス訓練などが行えます。当院では、術後の荷重関節の負担を軽減する事や肥満の改善をする目的で水中歩行訓練を行っています。
バイオデックス
(多用途筋機能評価訓練装置)


 高精度の筋力測定と、効果的かつ安全な早期筋力訓練が可能です。当院では、前十字靭帯損傷に対して術前・術後の測定を行い、回復段階の経過を確認していきます。また、スポーツ障害に対しても筋力測定を行っています。
特別病室
           特別病室           無菌手術室(クラス100)

最先端の医療機器を装備した無菌手術室(クラス100)、超音波検査も備えた診察室、明るく落ち着いた雰囲気の特別病室。常勤医師(3名)と非常勤専門医師が診療を行います。



BACK